AGA攻略サイト

   

抗酸化に優れたポリフェノールがAGA対策に効果的

優れた抗酸化作用を持つことで有名なポリフェノールは、健康対策として広く取り入れられています。ワインやウーロン茶に含まれていることは有名ですし、チョコレートにも入っているということで人気があります。実は育毛にもポリフェノールが有効なのではないかといわれており、AGA対策をしている人たちの間でも今注目されているようです。
赤ワインの赤色のもとになるアントシアニンやほろ苦さに関係するカカオなどはポリフェノールを代表する物質として有名ですが、他にも緑茶の茶カテキンや渋柿のタンニンなどが該当します。これらには抗酸化作用を高める働きがあり、体内で発生した活性酸素を中和して様々な物質が酸化によって変性するのを防ぐことが可能です。これがAGA対策においても効果があるのではないかと指摘されており、既に活用している人もいます。
活性酸素が頭皮や髪の毛に与える影響を確認する際にまず押さえておきたいのが、体内で活性酸素が発生した時の影響です。、活性酸素が血液中に侵入すると血中のコレステロールが過酸化コレステロールに変化して血管内に付着することで動脈硬化が引き起こされ、細胞内に入り込むと遺伝子にダメージを与えることになります。AGAにおいては紫外線による外的要因と免疫細胞が関係する内的要因とに分けて考えることができます。
紫外線による影響から確認すると、頭部は人の体の中でもっとも紫外線を浴びやすい部分であり、髪の毛だけでなく頭皮にもかなりの負担がありますので、影響が無いなどと考えることはできません。髪の毛に覆われている部分は大丈夫だと思っているかもしれませんが、実際には日陰に居ても紫外線の影響はありますので、多少なりとも問題が起こっているはずです。髪の毛に浴びるとキューティクルやキューティクルを接着している細胞間脂質を酸化させて乾燥しやすくなりますし、頭皮はコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質が変性してハリや艶が失われます。その結果、皮膚が硬くなって角質層が乱れ、水分の蒸発が起こることで外的刺激にも弱くなります。
免疫システムで発生する活性酸素による影響では、フケが増えて痒くなったら要注意です。頭皮の皮脂に付着した古い角質層・皮脂を栄養源とする常在菌や分解された皮脂を好む細菌などを異物として認識し、排除するために防御システムが作動します。更に異物の周りにある正常な表皮のハリや艶を保つためにコラーゲンやエラスチンの分解が進みますので、頭皮が硬くなって環境が悪化するのが大きな問題です。
ポリフェノールを上手く活用できれば、活性酸素からのダメージを防ぐことができます。紫外線を全く浴びないのは不可能なことですし、免疫システムによって起こるトラブルも予測できるものではありません。ですからポリフェノールを取り入れることが重要であり、頭皮ケアに活用できればAGAの症状も改善できる可能性があります。天然の植物由来成分ですので副作用の心配がないのも嬉しいところであり、配合されている育毛剤などを使っても刺激によってトラブルが引き起こされる心配がありません。洗ってもフケや痒みが治まらなかったり、髪の毛がべたついてしまう場合には炎症が慢性化している可能性がありますが、抗酸化作用の強いポリフェノールが配合されている商品を取り入れて髪の毛や頭皮を活性簡素から守るようにすれば、育毛効果も高まります。もちろん育毛剤で取り入れるだけでなく、ワインなどを飲むことでも効果が得られますので、外側からと内側からの両方から同時にアプローチするのがおすすめです。両方からケアを行えば、相乗効果によってより高い作用を期待できます。

エラスチン , タンパク質 , ポリフェノール , 活性酸素 , 紫外線 , 育毛剤