AGA攻略サイト

   

AGAの前兆を感じた場合の対処法とは

AGAには様々な前兆が存在します。例えば髪の毛が短期間で抜けるようになり、太さも細くなります。自然脱毛で長く太い毛が抜けることもありますが、短い毛も短期間で抜けてしまいます。AGAを発症すると男性ホルモンの一種であるDHTの影響で髪の毛が再生するサイクルが乱れます。毛髪が再生するサイクルが乱れると、十分に成長しないまま抜けることになります。人によっては長い毛に混じって細い毛が大量に抜けるケースも見られます。ブラッシングをしたときやお風呂に入ったときに短くて細い毛が抜けているのを見かけたら注意が必要です。
AGAを発症した場合、抜け毛の毛根が黒くなることがあります。通常の抜け毛の先端は白っぽい色ですが、AGAになると黒ずんできます。抜け毛を見たときに毛先が細く根本が黒い場合は男性型脱毛症の可能性があります。成長を続けている髪の毛にはメラニン色素が含まれています。十分に髪の毛が成長して抜ける頃には毛根が白くなります。毛根が黒い抜け毛は成長が不十分であると考えられます。メラニン色素が送り込まれている途中で抜けるため毛根が黒くなります。毛根の色も男性型脱毛症の前兆を教えてくれます。
AGAになった場合には、様々な形に髪の毛が抜けます。抜け方は人によって違いがあります。生え際がM字に抜ける人もいれば、頭頂部の毛が同時に抜け始める人もいます。つむじ周辺が薄くなってきた人はAGAを発症している可能性が存在します。男性型脱毛症を発症した人は髪の毛の量が少なくなるので髪型のセットが難しくなります。髪型をセットするため横や後ろから髪の毛を持ってくるようになった場合、男性型脱毛症であることが考えられます。細い抜け毛が増えたり生え際や頭頂部が薄くなってきた人は注意しなければなりません。男性型脱毛症の前兆を感じた場合には、まず鏡の前に立ってしっかりと状況を確認することが重要です。
男性型脱毛症は放置すると進行してしまいますが、適切に対処すれば改善可能です。まず生活環境を改善する必要があります。生活環境の改善は男性型脱毛症を治療するために最も重要です。丈夫な髪の毛を育てるには頭皮環境を整える必要があります。睡眠不足や食生活を改善し、喫煙を止めることで頭皮環境を改善することができます。睡眠中は髪の毛の成長に大きな影響を与える成長ホルモンが分泌されています。髪の毛をしっかりと育てるためには睡眠不足を改善して成長ホルモンの分泌を促すことが大切です。また髪の毛の成長にはビタミンや亜鉛、タンパク質などの栄養素が必要になります。脂肪の多いものを避けて、髪の毛の成長に必要な栄養分を摂取することが重要です。さらに男性型脱毛症を改善するためには喫煙も控える必要があります。喫煙は血行を悪化させるため、髪の毛に十分な栄養素が届かなくなってしまいます。頭皮の状態を悪化させてしまうので避けなければなりません。
生活環境や食生活を改善し、喫煙を禁止すれば髪の毛を育てるための基本的な環境を整えることができます。その上で弾性型脱毛症治療を専門とするクリニックを頼るのが効果的です。発毛・育毛効果のある高度な治療を受けることができます。また専門医から適切な治療を受けることができるので安心です。男性型脱毛症を専門とするクリニックでは、まず丁寧なカウンセリングが行われます。患者の頭皮状態に応じて最適な治療プランを提示してくれます。具体的な治療方法としてはプロペシアやミノキシジルを使った投薬治療や、育毛メソセラピーなどがあります。育毛メソセラピーは投薬治療の補助療法です。薄毛に有効な成分を頭皮に直接注入します。投薬治療と併用すると、より短い期間で男性型脱毛症を改善できます。

DHT , クリニック , タンパク質 , ビタミン , プロペシア , ホルモンバランス , 栄養不足 , 生活習慣 , 症状 , 血行不良