AGA攻略サイト

   

AGAの治療で遠隔診療が増えている理由

遠隔診療とはパソコンやスマートフォンを媒体にビデオチャットを通して医師の診察が受けられるオンライン型の診療です。そのためオンライン診療とも呼ばれており、自宅や職場など病院以外の場所で利用ができます。元々は離島や過疎化した村など病院がない地域のための体制でしたが、その利便性から医師不足に悩んでいない都心部といった地域での普及が進んでいるのが現状です。普及した背景には2015年8月に厚生労働省が各都道府県知事に連絡した「情報通信機器を用いた診療」の内容が深く関わっています。これは「直接診療が基本であるものの、情報通信機器が発達してきたのでやむを得ない地域以外でのオンラインを通じた診療を認める」といった内容です。それまでは医師法第20条に従い、直接患者と医師が出会う事を重んじていましたが国がインターネットでの医療サービスを許したので一気にブームとなりました。
そんな遠隔診療の利用方法は簡単で、クリニックごとに差異があるとしても基本は同じです。
まずインターネットから予約したいクリニックに予約します。予約は専用のアプリやサイトから取り、あとは指定した時間まで待つだけです。時間になればクリニックからテレビ電話などがかかってきて診察がスタートします。それから処方が定まり、支払いを済ませたら薬が発送される流れです。
この流れはAGAに限らず他の診療にも共通していますが、AGAのみのメリットは精神的負担が少ない事に尽きます。
AGAは立派な治療法であるものの、薄毛という外見の問題の解消です。その薄毛に対して羞恥心を抱いている人間は大勢おり、他人の目を気にしています。クリニックへの通院どころか入る事自体に躊躇し、なかなか治療が始められないケースは珍しくないです。そうした人たちのためにパソコンやスマートフォンからの診察は利用しやすく、また続けやすいメリットがあります。
続けやすいのは治療において非常に重要です。
有効な薬を処方されたとしてもその薬の服用を続けなければ効果がないのは言うまでもありません。通常なら症状が落ち着いたきた頃に病院に行かなくなりがちですが、続けられるのはひとえにメリットが通常よりも大きいからです。AGAにおいてはコストが軽減できる事が挙げられます。交通費の削減や投薬治療の一択など費用が一気に削減され、通常の利用法と比較すると結果的に安いコストで済むわけです。
またスキマ時間を活用できるほど自由に時間を使えるところも理由として挙げられます。
直接病院に赴く場合は待ち時間や自宅から病院までの往復する時間など思っているよりも時間がかかりますが、遠隔診療を用いればその時間を短縮できるのはメリットです。時間の短縮は言わば効率よく時間を運用できるほかありません。自分の都合通りにスムーズに進むというのはストレスがなく、通院に感じてしまう億劫さを解消できます。それは治療を続けるという行為を維持するために欠かせない手段です。
それから遠方で済ます事ができるという遠隔診療ならではの特徴も重要と言えます。
信頼できる病院を見つけたものの遠方すぎて赴く事が叶わず、結局近所の病院に行ったけれどろくな診察をしてくれなかったケースは少なくないです。AGA治療は皮膚科など一般的なクリニックでも相談は可能ですが、遠隔診療のほうが専門的なカウンセリングと投薬をしてくれるので信頼感が違います。
ただしデメリットを強いて挙げるなら投薬治療しか受けられない事です。
直診できない以上仕方がありませんが、自分の毛髪を薄毛部分に移植する自毛植毛といった医師の介入が必要な施術は受けられません。何よりもカウンセリングのみでどこまで薄毛の状態に通用するかどうかは未知数と言えます。それでも今まで避けていた人にとって利用しやすいサービスであるのは間違いないです。

オンライン診療 , カウンセリング , クリニック , 投薬治療 , 費用