AGA攻略サイト

   

AGAの薬の効果は長い目でみることが大切になる

AGAの薬の効果は、すぐに現れるものではありません。そのため、長い時間を想定して効果が出るかどうかを確認することがとても重要になります。元々、AGAというのは男性型脱毛症という症状の略称のことであり、この症状は医学的な観点から治療を行っていかないと完治させることが難しい症状であると考えられています。実際に、市販で提供されているような製品を利用したとしても、自力で症状を回復させることが難しい症状であるということがわかっています。そのため、治療するためにはまず自分の症状を自覚してクリニックに行かなくてはいけません。症状の出方に関しては見極めが簡単で、特徴的な薄毛が現れます。頭頂部や生え際の髪の毛が薄くなっていくことが特徴なので、一見するとその症状になっていることがわかります。具体的には、生え際がM字状になっている人は要注意であるといえます。一般的に、この状態になっているときに有効であると考えられている製品というのは数種類しか存在しません。これは、国から指定されている製品がまだほとんど存在しないからに他なりません。AGAというのは、医学的にはすでにどのような過程で症状が発生してしまうのかということが特定されている症状です。ですから、その原因を抑えることができるのならば大部分で脱毛症の進行を食い止めることができるというメリットが存在します。そして、こういった脱毛症に有効であると考えられている薬の成分というのはわずか数種類しか存在しないわけです。クリニックで処方されるものも、そういった成分が含まれているものであるため利用し続けると良い結果を期待できます。長期間で確認をしなくてはいけないのは、こういった効果を確認するためには短期間では難しいという点が挙げられます。短期間で効果を確認しようとしても、脱毛症が逆に進行しているようにみえてしまう可能性もあります。これは、AGAに有効であると考えられている効能の中に初期脱毛といわれる作用が存在するからに他なりません。初期脱毛というのは、薬の効能によって古くなった体毛が抜け落ちていく状態のことを指します。しかも、この初期脱毛によって抜ける髪の毛の数は非常に多くて、一般的な生活の中で抜ける髪の毛の本数の2倍から3倍程度が抜け落ちると考えられています。ですから、短期間で効果を確認したいと思い中途半端に薬の服用をやめてしまうと、初期脱毛の状態のまま髪の毛の成長が止まってしまうことになるために、逆効果になってしまう可能性があるわけです。こういったことにならないようにするためには、長期的に新しい髪の毛が生えてくるのを確認する必要があります。一般的には、こういったAGAの治療に必要な期間というのは1年から3年程度であると考えられています。もちろん、個人差によってはこの期間は変わることもあります。しかし、頭皮の状況を改善したいと考えているのならばどれだけ少なく見積もっても1年以上は使い続けなくてはならないということを覚えておく必要があります。当然ですが、使い続けることを考えるのですからそれ相応の費用が必要になります。AGAで必要になる薬に関しては、クリニックで処方される他のものと比較しても高くなってしまいがちなので、シミュレーションを行うと1年間で10万円程度の費用が考えておかなくてはいけません。また、こういった頭皮の状況の改善を行うときには、外科的な手術を行う方法もあります。薬で良い結果を出すことが難しい人も少なからず存在しますので、そういった人たちには自分の髪の毛を利用した自毛植毛という方法で、脱毛症の原因となっているものを取り除くことになります。

クリニック , 投薬治療 , 症状