AGA予防のために改めたい生活習慣

トピックス

AGA対策は生活習慣の見直しから

AGA、いわゆる男性型脱毛症は成人の3人に1人が発症すると言われています。これは遺伝すると言われてきましたが、遺伝だけが原因であるとすれば予防ができないということになります。確かに発症要因の1つとして、遺伝が影響することが分っていますが生活習慣をも見直すと、自分の力で改善できることが可能です。

AGA予防のためには、食生活と生活習慣の改善、そして頭皮ケアが有効だといわれています。食生活では、脂肪分の多い食事を避けて、バランスのよい食事をとること。中でもたんぱく質・ビタミン・ミネラルは髪をつくる大事な栄養素であるため、不足しないように食べることが大切です。また、生活習慣では十分な睡眠をとり、タバコを控えることが大切。そして、頭皮をシャンプーで常に清潔で潤いのある状態に保っておきましょう。

引用元:AGAは予防できる?

栄養バランスの良い食生活でAGAを予防

AGA予防法の1つはまず食事を見直すことで、毎日摂る食事に含まれる栄養によって発毛状況や頭皮環境が食事によって変わってきます。毛髪に含まれる成分で最も主要な成分はケラチンで、これは食事から摂取したたんぱく質が、一旦アミノ酸に分解された後に再合成されて生成されるたんぱく質の一種です。従ってたんぱく質を十分に摂取していないと健康な髪が育たなくなってしまいますので、肉・魚・卵・豆製品などたんぱく質が豊富に含まれている食事を摂るよう心がけましょう。

たんぱく質を摂るときは注意点があり、肉はたんぱく質だけでなく動物性脂肪も多く含んでいます。よって高コレステロール血症などのリスクもありますので、鶏肉のささみなど脂肪分の少ないものを摂るといい結果が期待できます。他にアミノ酸からケラチンが合成される補助的な役割を果たす亜鉛・ビタミンB6も一緒に摂取すると効果が高まります。食品的にはわかめなどの海藻類・アーモンド・ごまなどに多く含まれています。野菜ではにんにくに多く含有されています。

毎日の食事で目的の栄養を摂取することが難しい場合は、サプリメントで補うことも有効です。たんぱく質はプロテインで摂取可能で、簡単に入手できるものです。吸収をサポートする亜鉛・ビタミンB6も同様です。しかしこれらの栄養をたくさん摂ったからといってもAGAを予防できるというものではありません。栄養バランスの良い食事を摂ることも大事なことです。

十分な睡眠時間でAGAを予防

には睡眠時間も重要で、髪の成長には成長ホルモンの働きが影響します。これは睡眠をとっているときに分泌されますから十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。睡眠の質にもこだわると、成長ホルモンは深い眠りのノンレム睡眠の状態のときに分泌されます。従って寝る前のテレビ・パソコン・スマートフォンなど神経に刺激を受けるものの使用は避けたいところで、質の良い睡眠を取ることができません。また寝る前の食事も良くありません。

生活習慣やストレスを改善してAGAを予防

AGAにはストレスも良くなく、過剰なストレスは自律神経を乱し、呼吸・循環・代謝など生きるために必要な活動を調節します。自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてホルモンバランスも崩れます。こうなると代謝障害・血行不良が起こり髪にも悪影響が発生する可能性が高まります。また自律神経の失調によって頭部の血行が悪くなり、育毛に悪影響を及ぼすことも懸念されます。育毛には栄養が必要で、血液の流れが悪くなると栄養補給が悪くなり、育毛が妨げられるのです。

飲酒・喫煙を控えてAGAを予防

AGAにはお酒やタバコも良くありません。生活習慣になっていて控えることがつらいかもしれませんが、育毛のことを考えると少なくとも減らす努力は好結果をもたらします。まずお酒をたくさん飲むと肝機能が低下します。肝臓はたんぱく質を生成する機能も持っていますから、育毛に必要なたんぱく質が不足してしまいます。全くお酒を飲んではいけないということではなく、適量であれば血行を良くしたりリラックス効果が見込めます。

タバコを吸うことは血管の収縮を招くことは良く知られています。血管が収縮すると血液の流れが悪くなりますので、栄養が頭皮に届かなくなり、育毛に悪影響を及ぼす可能性があります。タバコはなかなか止められませんが、髪のためには控えることが重要になります。

市販の育毛剤でAGAを予防

AGAは育毛剤でも予ある程度の予防ができます。市販されている育毛剤の主な改善目的は血行の改善・頭皮への栄養補給です。治療薬ではありませんが、頭皮の環境を整えることを目的にしますので使用してみることもいいと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました