AGA攻略サイト

   

AGAは運動で改善されるのか

AGAには身体を動かすことが効果的という説があります。中でも有酸素運動が良いと言われていますが、それはなぜでしょうか。まずAGAの大きな原因のひとつを見てみるとジヒドロテストステロンという男性細胞が髪を成長させる毛母細胞の働きを抑制してしまうことがあげられます。しかし、ジヒドロテストステロンは汗と一緒に排出されるため、汗をかきやすい有酸素運動が効果的というわけです。また、毛髪の成長には健康な頭皮環境が欠かせませんが、健康な頭皮環境を維持するためには、頭皮の血流が大きく関わっています。適度に身体を動かすことによって血流が良くなることも薄毛の改善が期待できる理由のひとつと言えるでしょう。また、ストレスも毛髪の成長を妨げる原因のひとつですが、ランニングや水泳、ウォーキングによってセロトニンなど心身をリラックスために不可欠なセロトニンなどの神経伝達物質が増え、ストレスを軽減させ毛髪の成長を促進させる効果があると言われています。このように運動とAGAには少なからず関連性があることがわかりますが、中でも注目したいのは「ストレス」との関係性です。というのも、単純にストレスが減れば毛髪の成長に効果的というだけでなく、ストレスは人間の行動に様々な影響を与えるからです。例えばストレス解消方法についてですが、ストレスを手っ取り早く解消する方法としてまずあげられるのが暴飲や暴食です。たしかに時には何も考えずに好きな料理やお酒を好きなだけ口にするということは悪いことではないかもしれません。しかし、問題はこうしたストレス解消法は簡単に行うことができるがゆえに習慣になってしまうということです。そして暴食は肥満にも繋がりますし、暴飲がたたると毎日お酒を飲まなければ気が済まなくなってしまい、倦怠感や生活強度の低下を招いてしまいます。そして、肥満や倦怠感が自己嫌悪を引き起こし新たなストレスの種となります。このサイクルにはまってしまうと人はなかなかそこから抜け出せなくなってしまいますし、もちろんこれでは自らの手で薄毛をどんどん進行させてしまっていると言えるでしょう。また、暴飲暴食による肥満や生活強度の低下によって体を動かすことがどんどん億劫になることいったことも考えられます。なお、人の身体は消化にかなりのエネルギーを必要とするため、暴食してしまうと睡眠の質が悪くなってしまいます。お酒の場合も同様で、お酒を飲むと寝つきがよくなるような気がしますが、睡眠の質を低下させます。実際にお酒を飲んで眠ると夜中に目が覚めてしまったという経験がある人は少なくないでしょう。このように「運動、ストレス、AGA」それぞれの関係を見てみると、そこには「食事、お酒、睡眠」といった生活習慣といったことが絡んできて、毛髪に悪影響を与えることがわかります。なお、筋トレを行うと毛髪の成長に欠かせない亜鉛が消費されることや、男性ホルモンの増加によって薄毛が進行するといった意見も見られますし、髪の毛が薄くなることは遺伝的な要素が強いといったことから、運動は薄毛予防に効果が薄いとも言われています。確かに身体を動かせば薄毛がすべて解消されるわけではありません。しかし、ここで説明したように体を動かすことによってストレスを軽減することができれば少なくとも生活習慣の改善に繋がり、何もしないよりは薄毛を改善することができたり、進行を遅らせることができたりする効果はあるのではないでしょうか。AGAは投薬による治療が効果的と言われていますが、例えばこれが他の成人病などであれば生活習慣を改善せずに投薬のみで治療するというのは、長期的な目で見るとあまり健康的ではないと言えます。こうした理由もAGAの治療に運動を取り入れるべき理由のひとつだと感じます。

ジヒドロテストステロン , ストレス , 有酸素運動 , 生活習慣 , 睡眠時間 , 血行不良