AGA治療における副作用

トピックス

AGAは深刻な悩みとなっているケースも

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人は非常に多く、全国で1,260万人もの人が発症しているとも言われています。ある程度の年齢になってから発症した場合はまだ諦めもつくかもしれませんが、AGAは思春期以降の男性に発症する脱毛症なので20代や30代の前半など若い時期から悩まされることになると、深刻な悩みとなるケースも少なくありません。

AGAは治療によって進行を止めることができる可能性がある

AGAになってしまった場合、なんとかしたいという人はクリニックなどで治療を行う必要があります。この脱毛症は進行スピードは個人差がかなりありますが、一度発症してしまうと自然に治るということは基本的になく確実に進行していってしまいます。したがって、進行を止めたい場合には治療を開始しなければならないのです。AGAが治療によって進行を止めたり、薄毛を改善させることが出来る脱毛症であることは広く知られてきていますので、薄毛の悩みを抱えている人で治療を行っている人は非常に多いです。

薄毛治療とはどのようなことをするか

薄毛の治療と言ってもどのようなことをするのだろうかと疑問に思う人もいるかもしれません。治療の基本は内服薬による治療外用薬による治療が主です。最も基本となるのが内服薬による治療で、1日1錠毎日同じ時間に薬を飲むだけという手軽な方法になります。この薬は、男性ホルモンであるテストステロンを抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロンに変化させる還元酵素の働きを阻害するというものです。還元酵素の働きを阻害することによって、ジヒドロテストステロンが産生されなくなり毛髪が太く長く成長する前に抜けてしまうということがなくなります。

ミノキシジルは1960年代から1970年代まで降圧薬と言い血圧を下げるための目的で使用されていました。その副作用で多毛が見られたという背景から開発されたお薬です。ミノキシジルは静脈以外の血管を拡張させます。これよって、副作用では、頭髪の増加にともなって、他の部位も増加するのが一般的であり、また、一部の人に、血圧低下、不整脈、手足の浮腫み、動悸や息切れ、めまいなど循環器系の副作用が現れることがあります。

引用元:AGA治療薬を服用して副作用が出ることは?

AGAの飲み薬の効果

この飲み薬による治療は、1年で約60%程度の人に何らかの効果が出て、3年治療を継続すると約98%の人に現状維持以上の効果が出るというデータが出ています。非常に高い効果が期待できる飲み薬による治療ですが、効果が高いということはそれだけ副作用のリスクも高いのではないかと不安に思う人もいるでしょう。まず、飲み薬による治療で生じる可能性がある代表的な副作用は、胃部不快感や性欲減退などがありますが、これらはプラセボと同程度の発生頻度なため薬によるものかどうか判断は難しいところです。勃起機能不全や射精障害もありますが、治療で使われる薬は男性ホルモンそのものを減らしたりする作用があるわけではないので、理論的にはありえないと言われています。
飲み薬による副作用で最も重大なものが肝機能障害です。この薬は、服用したあと肝臓で代謝されるため肝臓に負荷がかかります。そのため、元々肝臓が弱い人などだと肝臓の数値が悪くなるなどのリスクがあります。ただし、これらの副作用が発生する頻度は非常に低く、基本的にはほとんど心配する必要はないと言われています。外用薬のによる治療ですが、外用薬は内服薬が抜け毛を止める作用を期待するものであるのに対し、発毛を促進する効果があると言われているものです。抜け毛が気になる部分に直接塗布することで、血流を良くし発毛を促進してくれます。

フィナステリドの副作用は、性欲減退や勃起不全、射精障害、精液量の減少、睾丸痛、かゆみ、じんましん、発疹、抑うつ、めまいなどさまざまです。

引用元:AGA治療薬別の副作用

AGAの外用薬の効果

外用薬の副作用についてですが、これはAGAの治療薬に限らず皮膚に直接塗布するタイプの治療薬はかゆみや発疹、かぶれなどが生じる可能性があります。これは使用者の肌の強さなどによっても発生頻度は変わり、肌の弱い人だと発生頻度は高いです。血管を拡張させ血流を良くするため塗布した部分に熱感などを感じる場合もあります。また、元々血圧を下げる薬をして開発されたということもあり、低血圧であったり動機や胸痛などが発生する場合もあります。AGA治療で使用されている薬は、内服薬も外用薬も安全性が高い薬ではありますが、もし副作用が生じた場合にはすぐに使用を中止して医師の診断を受けたほうが良いでしょう。

AGA治療のおすすめランキング
親和クリニック

親和クリニックは年間1200件以上の自毛植毛の施術でAGA治療を行っています。親和クリニックの独自の植毛技術MIRAI法はメスを使用せず傷跡が残らない高密度に植毛治療を行います。
直毛以外の薄毛治療では、内服薬、外用薬の処方、オリジナルの発毛薬を頭皮の深くまで浸透させるノーニードル発毛メソセラピーによる治療を行っています。また男性の方だけでなく、女性の方へも専用の発毛・育毛療法もあるクリニックです。

メンズサポートクリニック

メンズサポートクリニックは、新宿と横浜にあるAGA治療のクリニックです。初診料、カウンセリング、血液検査、マイクロスコープ診断などを全て無料、完全個室、完全予約制なので気軽に相談してみましょう。また「月4,200円からはじめるオーダーメイドAGA治療」では、患者さんの症状や希望、予算に合わせた治療メニューを提案してくれます。

リアス銀座クリニック

リアス銀座クリニックは銀座駅から徒歩3分、完全予約・完全個室対応のAGA治療クリニックです。新発毛プラン「第4世代の医療発毛」で99.95%の発毛実績があります。初診・再診無料、専門医による無料頭皮診断でカウンセラー全員が毛髪診断士の資格を持っているので安心のひとつです。AGAの症状に合わせて治療プランで、月々2,980円から治療が可能で比較的安い料金で治療が始められます。

横浜中央クリニック

横浜中央クリニックは「HARG療法」をメインの発毛治療を提案してくれるクリニックです。HARG療法は、毛髪再生に欠かせない150種類以上の「成長因子」とHARGカクテルや血行促進剤を配合した有効成分を頭皮に注入することで、育毛・発毛効果を得られる治療方法です。

アスク井上クリニック

アスク井上クリニックは井上院長が自毛植毛手術の経験と実績を基に考案・開発を行っやハイブリッド自毛植毛「アイセイフ(i-Safe)」は、「刈り上げない・切らない移植方法」のFUE法です。また痛みや腫れが少なく、仕上がりの美しさを追及してナチュラルな植毛を目指しています。

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックで行うFUERS(ヒュエルス)植毛は、「増毛効果のスピード」、「仕上がりの自然さ」、「痛みや傷跡の少なさ」を実現するために開発された日本の技術です
1.一生負けない髪を作れる
2.自然に仕上がる
3.傷や火傷などの医療植毛にも対応
という植毛を提案してくれます。

スカルプデザインセンター(SDC)

スカルプデザインセンターでは、欧米発祥のSMP(SCALP MICRO PIGMENTATION)と呼ばれる施術方法を、日本人流にアレンジした、独自技法による新しいヘアアートメイクの薄毛治療です。専用マシンにマイクロニードルの極細の針を装着し、専用のインクを頭皮に挿入することで、“髪を描く”治療を行っています。

株式会社アデランス

アデランスでは発毛・育毛から増毛・ウィッグまで、髪の悩みならアデランス。従来のかつらとは違う、進化した増毛サービスがあります。

トピックス
スポンサーリンク
AGA攻略サイト
タイトルとURLをコピーしました