AGAは医療費控除の対象にならない?

トピックス

AGA治療は健康保険の対象外

AGA治療では、薄毛をしっかりと回復できるかどうかが大きな悩みです。しかしそれだけが治療の問題点ではありません。費用の面でも負担が圧し掛かってくる治療ですので、経済的な悩みも生まれてしまうものです。

そもそもAGA治療はなぜ高く付くのかというと、ひとつは健康保険を使って治療を受けることができないからです。基本的に健康保険は疾病を治すために適用されるものであって、AGAという審美的な要素が強い問題を解決するためには使うことができません。健康保険は税金でまかなっている制度でもありますので、当然と言えば当然です。それゆえに治療を受けるのならば、全額自費というのが原則であり、ある程度の負担は覚悟しなければいけません。

AGA治療は医療費控除の対象になる?

健康保険が使えないのならば、せめて医療費控除は受けられないのか気になるところでしょう。還付金が発生すれば実質、治療費用を節約できますので、適用されるのかどうかは大事なポイントです。しかしながら、医療費控除に関しても基本的には受けられないものと考えておいた方が良いでしょう。先にも述べた通り、AGA治療は疾病ではないために健康保険が使えませんが、保険適用外となる治療に関しては、医療費控除においても適用させることができません。したがって還付金はおろか、納める税金を節約するといったこともできないと言えます。

脱毛症状によっては医療費控除を受けられるケースもある

ただし、全てのケースで適用がNGになるというわけでもないのです。ある条件下では医療費控除を受けられる可能性があります。その条件というのは、何らかの病気によって薄毛が発生した場合です。例えば、膠原病や甲状腺機能低下症、鉄欠乏性貧血などの影響で脱毛が起こってしまうことがありますが、こうした病気が原因の場合は事情が違ってきます。これらの病気を治す一環として、結果的に薄毛治療も行うケースがあり、その場合は疾病の治療として控除申請を行うことができるのです。AGA治療に対して直接的に控除が適用されるというよりも、主たる疾病の治療に付随して、間接的に適用される形になるということです。もし脱毛を伴う疾病に該当する場合は、医療費控除の可能性が残されていますので、視野に入れて考えてみるのが良いかもしれません。もっとも、判断をするのは税務署であり、どのような決断を下されるのかは相談をしてみないと分からないところもあります。控除を受けられるのか気になる場合は、直接税務署に尋ねてみるのが確実と言えるでしょう。

AGA治療で医療費控除を認めるかどうかは、最終的には税務署が判断するものです。 AGA治療で医療費控除を申告しても、税務署から質問がくる可能性もあります。そのときは、診断書や診療明細、領収書を用意し、税務署に納得してもらえるようにしっかりと説明できるようにしておきましょう。

引用元:AGA治療の医療費控除は見解が分かれる?

基本的にはAGA治療は保険適用外(自費診療)

もしも医療費控除が適用されるのなら大きな節約効果に期待ができますが、それはあくまでも例外ということを理解しておくことが大切です。疾病によって脱毛をするケースは確かにあるものの、世の中の多くの薄毛患者は、純粋なAGAで脱毛が起こっている場合が殆どです。健康体でありながら薄毛になってしまったというだけで、そこには健康保険などが入る余地はありません。全額自費となる可能性の方が一般的には高く、治療費用は安くできないと考えておいた方が良いでしょう。

費用の問題がネックとなり治療を受けられない場合は、できるだけ安く利用できるクリニックを探すのがおすすめと言えます。以前はクリニックで治療をするというと、決して安くない費用が掛かるのが通常でしたが、昨今ではリーズナブルに利用できるところも増えています。また、専門で治療を行っているところも登場していますので、高品質の治療をロープライスで受けることができるのです。したがってそれまで費用が気になっていた人でも、ハードルはかなり下がっていることで利用しやすく、クリニックでの治療も視野に入れやすいはずです。無料診断を行っているところもありますので、まずはカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょう。

薄毛治療のうち、医療費控除の対象と認められる可能性が高いものは、鉄欠乏症貧血や膠原病、甲状腺機能低下症による脱毛などです。これらの脱毛は病気によって現れる症状で、「病気の治療」と判断されやすいことから医療費控除が適用されやすいケースと言われています。

引用元:AGA治療は医療費控除の対象になる?ならない?
AGA治療のおすすめランキング
親和クリニック

親和クリニックは年間1200件以上の自毛植毛の施術でAGA治療を行っています。親和クリニックの独自の植毛技術MIRAI法はメスを使用せず傷跡が残らない高密度に植毛治療を行います。
直毛以外の薄毛治療では、内服薬、外用薬の処方、オリジナルの発毛薬を頭皮の深くまで浸透させるノーニードル発毛メソセラピーによる治療を行っています。また男性の方だけでなく、女性の方へも専用の発毛・育毛療法もあるクリニックです。

メンズサポートクリニック

メンズサポートクリニックは、新宿と横浜にあるAGA治療のクリニックです。初診料、カウンセリング、血液検査、マイクロスコープ診断などを全て無料、完全個室、完全予約制なので気軽に相談してみましょう。また「月4,200円からはじめるオーダーメイドAGA治療」では、患者さんの症状や希望、予算に合わせた治療メニューを提案してくれます。

リアス銀座クリニック

リアス銀座クリニックは銀座駅から徒歩3分、完全予約・完全個室対応のAGA治療クリニックです。新発毛プラン「第4世代の医療発毛」で99.95%の発毛実績があります。初診・再診無料、専門医による無料頭皮診断でカウンセラー全員が毛髪診断士の資格を持っているので安心のひとつです。AGAの症状に合わせて治療プランで、月々2,980円から治療が可能で比較的安い料金で治療が始められます。

横浜中央クリニック

横浜中央クリニックは「HARG療法」をメインの発毛治療を提案してくれるクリニックです。HARG療法は、毛髪再生に欠かせない150種類以上の「成長因子」とHARGカクテルや血行促進剤を配合した有効成分を頭皮に注入することで、育毛・発毛効果を得られる治療方法です。

アスク井上クリニック

アスク井上クリニックは井上院長が自毛植毛手術の経験と実績を基に考案・開発を行っやハイブリッド自毛植毛「アイセイフ(i-Safe)」は、「刈り上げない・切らない移植方法」のFUE法です。また痛みや腫れが少なく、仕上がりの美しさを追及してナチュラルな植毛を目指しています。

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックで行うFUERS(ヒュエルス)植毛は、「増毛効果のスピード」、「仕上がりの自然さ」、「痛みや傷跡の少なさ」を実現するために開発された日本の技術です
1.一生負けない髪を作れる
2.自然に仕上がる
3.傷や火傷などの医療植毛にも対応
という植毛を提案してくれます。

スカルプデザインセンター(SDC)

スカルプデザインセンターでは、欧米発祥のSMP(SCALP MICRO PIGMENTATION)と呼ばれる施術方法を、日本人流にアレンジした、独自技法による新しいヘアアートメイクの薄毛治療です。専用マシンにマイクロニードルの極細の針を装着し、専用のインクを頭皮に挿入することで、“髪を描く”治療を行っています。

株式会社アデランス

アデランスでは発毛・育毛から増毛・ウィッグまで、髪の悩みならアデランス。従来のかつらとは違う、進化した増毛サービスがあります。

トピックス
スポンサーリンク
AGA攻略サイト
タイトルとURLをコピーしました