AGA対策にビタミンが大切

トピックス

ビタミンとは?AGAの関係について

老化によって、薄毛に悩む方はいます。ですが、若い方でもAGAになってしまうという方もいるため、若いうちでも油断できません。AGAの原因として、ストレスによるものや生活習慣などの乱れなどいろいろと挙げられます。基本的に、過度なストレスを抱えてしまうことで体の機能などにも悪影響が出てしまうケースがあり、AGAの原因の一つでもあります。また、生活習慣や食生活が乱れることでも体の機能に悪影響を及ぼし、結果としてAGAの原因となるケースも少なくありません。

ビタミンは健康な髪の発育を促す重要な栄養素として、頭皮の状態を正常に保ったり、血行を促進したりといった働きをしてくれます。

引用元:髪の発育メカニズムとビタミンの働き

薄毛のメカニズムとビタミンの働き

AGAの特徴として、前頭部や頭頂部などから徐々に薄毛が進行してくる点から抜け毛が普段より増えている状態が続いている方などは注意が必要です。ただし、ゆっくりと進行してくるため早期発見するのが難しいというのも特徴の一つといえます。普段から鏡などで生え際などをチェックしてみることや入浴時など排水口に髪の毛が多く溜まっていないかなど定期的にチェックしてみるということも、早期発見につながります。普段から気を抜かずに定期的にチェックしておくといいでしょう。

また、原因を知ることで対策をするということも重要です。AGAになった場合には、専門のクリニックを頼るというのも有効な手段ですが、根本的な原因をそのまま放置していてはいけません。ストレスが溜まりやすい生活環境の場合には、生活環境を改善していくということも必要です。仕事や私生活などさまざまな場面においてストレスなどを感じることはあります。特に人間関係にうまくいかないと、過度なストレスになりやすい傾向もあるため、自身がどのようなことに対してストレスを感じているのかという点をよく考えて対策をしていくということが必要です。また、精神的にリラックスできるように、休息を取る、休日を有意義に過ごすなど自分なりにストレス解消のための対策をしていくことも必要です。
生活習慣の乱れに関しては、睡眠をきちんととるということや運動不足を解消していくということが重要だといえます。睡眠があまりとれていない、生活リズムが乱れてしまうとホルモンバランスなどの乱れが生じます。生活リズムをできるだけ整えるように心がけることや質のよい睡眠をとれるように、寝る前などはできるだけリラックスできる生活環境を整えておきましょう。運動不足になると代謝機能なども低下、血流の悪化につながるためこれは、抜け毛増加につながる可能性が高まります。この点からも、定期的に運動をする習慣を身につけるということは大切です。その他にも喫煙や飲酒なども頭皮や髪の毛に栄養を及ぼすこともあるため、禁煙をすることや飲酒も適量を守るようにするなど自分なりに対策を怠らないようにするということが重要だといえます。

ビタミンA、ビタミンBなどの各種ビタミン類も、健やかな髪の成長をサポートしてくれる薄毛対策に欠かせない栄養素です。

引用元:薄毛対策に必要な三大栄養素

AGAの解消をサポートするサプリメント

食生活では、栄養バランスのとれた食事をするということが必要です。また、ビタミンなどもバランスよく食事に取り入れるようにしましょう。ビタミンAは、紙のを健康に保つという意味で必要な栄養素といえます。細胞の増殖に関わりがあるため、一日の摂取量を守りつつ定期的に体内に取り込んでいくことが必要です。
ビタミンB群などは肌荒れや抜け毛などに効果が期待できる栄養素といえます。ビタミンBはいろいろと種類があるためバランスよくビタミンB群を摂取することを心がけましょう。
ビタミンCは、水溶性です。皮膚や粘膜の維持などの役割を担っていますが、水溶性のため体内に蓄積されるものではありません。こまめに摂取することがポイントです。
このように、いろいろと栄養素があるためバランスよく食事にうまくとりいれていくということが大切だといえます。食生活を一度見直してみて、バランスのよい食事を心がけていきましょう。

髪の毛の成分は、実は80〜90パーセントの大部分が「ケラチン」という物質で構成されています。それ以外はほとんど水分なので、ほぼ「髪の毛はケラチンでできている」といっても差し支えありません。
ケラチンの正体はタンパク質で、18種類のアミノ酸から成り立っています。つまり、この18種類のアミノ酸を摂取しないことには、髪の毛が生えるわけがないのです。育毛を車に例えるなら、ケラチン不足は車の“ガス欠”を意味し、育毛はおろか薄毛が進行してしまう恐れすらあるわけです。

引用元:薄毛の育毛に必要なサプリにはどんなものがあるの?
タイトルとURLをコピーしました