AGA攻略サイト

   

女性のAGAの原因と対策

AGAというと一般的には男性特有の症状のように思われていますが、女性にも発症する脱毛症で大きな要因は女性も男性ホルモンを持っていることが原因で男性の脱毛症と区別して女性男性型脱毛症とばれており、症状としては男性とは異なり局部的に髪の毛が薄くなるのではなく頭全体が薄くなってゆき、髪の毛が全てなくなることはありません。またこの症状が発症するメカニズムも男性のものとは異なっており髪の毛を発達させ成長期を持続させる働きは女性ホルモンを活発に分泌している状態ですが、ホルモンバランスが乱れてこのホルモンが減少することで発達や成長期を持続させる働きが弱くなり頭全体が薄くなります。
そしてこの男性とは異なる特有のホルモンは本来は抜け毛を抑制する力が非常に強く男性のように薄毛になりにくいのですが、生活の乱れなどが原因で減少し脱毛の症状があらわれそれに伴い頭皮環境にも悪影響を与える原因となっています。これらの症状の原因としては現在では詳細な解明はできておらず、症状改善の近道として内的要因の改善としてとして食事やストレスを減らしホルモンの量を正常戻すことや、外的要因の改善として頭皮環境を整えることなどが症状改善の近道と言えます。
具体的な女性特有の薄毛になりやすい原因としてはストレスや睡眠不足に食生活や過度なダイエットにカラーやパーマにピルの使用や喫煙に運動不足や加齢や遺伝によるものなど様々な原因があり、私自身もAGAに悩んでいた時期がありますが、症状が改善されるまでこれらの多くの原因に当てはまる行動をおこなっていました。また自分自身が当てはまる一つ一つの症状を根気よく継続に改善することで症状の改善につながり、ちょっとした工夫でできる改善方法もありました。
具体的な対策として年齢的に責任のある立場にあったことから仕事上ストレスの多い環境にいましたが、当時はストレスが溜まっていること自体も自覚しておらずこの状態を自覚してからは仕事終わりにジムに通いゆっくりと大好きなお風呂に入るなど自分なりの解消方法を見つけることにしました。睡眠不足に関しては一般的に理想とされている睡眠時間は確保していたのですが、市販薬を利用するなど睡眠の質の悪さに気づき、その時に行っていた就寝前のスマートフォンの利用などもやめることで睡眠の質が高くなり、それに伴い起床時も壮快でストレスの減少にもつながりました。
食生活の偏りにかんしては仕事が忙しく市販のお弁当や時には缶コーヒーなどで済ます場合もありましたが、これらの食生活を改善するために毎日手作りの弁当を持参し、また頭皮に悪影響を与える塩分や脂分や食品添加物が多く入ったものを避け野菜多めのお弁当を持参し1日三食を心掛けました。そして運動不足を解消するためにダイエットをおこなっていましたがAGAの症状が出た時は休日しか運動をする機会がなく過度な運動によるダイエットをおこなっていましたが、仕事終わりのジムに通うことでこれらの行動をやめました。
頭皮環境に関しても仕事上のストレスが多い時は1ヵ月に一回はヘアカラーやパーマなどをおこない気分転換をしていましたが、これらの行動が髪の毛の毛根や頭皮に悪影響を与えることが分かりなるべく控え使用するシャンプーの種類や洗い方やその後のケアにも気を付けるようになりました。このようなしっかりと自分自身のAGAの症状が出る原因を理解しちょっとした工夫で継続的にそれぞれの行動に対して対策をおこなうことであれほど悩んでいたAGAの症状が改善し、対策をおこなっていた当初は慣れない行動自体が多少ストレスとなっていましたが、今では自然と行える毎日の生活リズムになっており工夫次第で女性特有のAGAは改善することができます。

ストレス , ダイエット , ホルモンバランス , 喫煙 , 女性 , 栄養不足 , 生活習慣 , 睡眠時間 , 運動不足